みんなのクレジットカード

あなたにピッタリのクレジットカードが見つかる

 

overseas-tripoverseas-trip

持ってるだけで海外旅行保険が付くクレジットカード

クレジットカードの海外旅行保険には、2種類あります。
「持ってるだけ」で保険が適用されるカード→自動付帯
「旅行代金をそのクレジットカードで支払った場合」に保険が適用されるカード→利用付帯

ここでは自動付帯のクレジットカードだけ、厳選した4枚を紹介します。 →厳選4枚を見る方はこちら

■海外旅行保険付きクレジットカード選びの4つのポイント

自動付帯のクレジットカードにする

けがや病気の時の補償が大きいカードにする

1枚のカードでは補償額が足りないため2枚以上持って行く

医療費キャッシュレス診療サービス付きのカードにする

↓なぜ、この4つのポイントが外せないのか説明します。

自動付帯のクレジットカードにする
クレジットカードを持って行くだけで海外旅行保険が適用される自動付帯のカードを選びましょう。
この後説明する「クレジットカードの海外保険補償額は1枚では足りないので2枚以上持って行き合算させる」ことが、利用付帯のカードではできなくなります

けがや病気の時の補償が大きいカードにする
海外旅行保険で重要なのは、現地でケガや病気になったときに使える「傷害・疾病治療費」の補償額です。
海外の医療費は、骨折しただけで数百万円以上かかることもざらにあります。
クレジットカードを選ぶときは「傷害・疾病治療費」の補償額の高いカードを選びましょう。

1枚のカードでは補償額が足りないため2枚以上持って行く
けが・病気の補償は高くても200万円程度です。
手術が必要なけがや病気の場合、この額では足りない可能性が高いです。
日本の健康保険は使えないので全て実費で請求されます。
最低300万円程度にはなるような組み合わせでカードを選びましょう。

医療費キャッシュレス診療サービス付きのカードにする
医療費キャッシュレス診療サービスとは、海外で高額の医療費の支払いが必要になった際、本人に代わって、保険会社が医療機関に直接医療費を支払ってくれる制度です。
具体的には、①病院に行く前にクレジットカードの海外サポートデスクに電話→②キャッシュレス対応の提携病院を紹介してもらう→③病院に行く、と簡単な手続きのみで利用することができます。
クレジットカードによって、このサービスの有無が異なるので申込前に必ずチェックしましょう。

海外旅行保険選びの4つのポイントを押さえたカードはこちら↓↓↓

その他のランキングを見る

よく見られている特集ページ

もっと見る